So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

菜花の収穫終了   2017.4.12 [農作業]

今季の菜花の収穫が終了した    2017.04.12

今季は過去5年間で最大の出荷数、売上となった。1箱約4Kg、132箱、対前年比150%。
JA経由東京の青果市場への出荷、市内の仲買への、パック詰め、バラ詰め等々である。

出荷数が増えた理由の一つに晩生の88号の植え付けを遅くし、(11.2播種)
栽培管理も良好で、長期にわたり出荷を維持したためと思われる。
ちなみに最後の市場の仕切値は一束(人形巻)150円、小売りの店頭では約2倍近くの売価となる。
参考:市場での仕切値平均単価 120円だった。昨年比80%

しかし忙しい期間が長期になったため、疲れて、最後に風邪をひいてしまった。

収穫が終わり花を咲かせてしまった菜花畑
いずれ刈り取り、落花生等夏野菜を植える予定である。
IMG_0327.JPG

また最後の収穫で余った菜花を漬け物にした。
約1Kg程を20Cmに「切った。
IMG_0323.JPG

味を良くするための材料、乾燥昆布、煮干し、唐辛子と塩40g。
IMG_0321.JPG

菜花を敷き、塩、上記材料を交互に入れた。
IMG_0322.JPG

水を注ぎ、重しを乗せ、10日間ぐらいで漬けあがると思う。
IMG_0325.JPG

桜が満開だ 横浜、鴨居  2017.4.8 [園芸]

横浜、鴨居駅近辺の桜が満開だ!  2017.4.8
2週間前にちらほら咲いていた鴨居駅、近辺の鶴見川の堰堤の桜が満開になった。

IMG_0277.JPG

IMG_0280.JPG

IMG_0285.JPG

江川の桜も満開だ:特にチューリップとのコラボレーションが素敵だ!
横浜ララポートから歩いて約20分のところにある隠れた桜の名所だ!
天候が悪かったが、ちょうど雨も上がったので、ララポートへ買い物ついでに足を延ばして散歩がてらの見物となった!沢山の人、外人もグループで訪れていた。
IMG_0298.JPG

約2.5Km程小川の両岸に遊歩道があり整備されている
IMG_0300.JPG

桜のトンネルとなっていて、いずれ鶴見川に合流する
IMG_0303.JPG

IMG_0304.JPG

小川で、ジャリガニ釣りを楽しむ親子連れも・・・数匹釣れていた
IMG_0307.JPG

以前はよく散歩に来ていたが、ちょうど良いタイミングで、桜とチューリップが満開となっていた。
チューリップの品種によって、まだ蕾の硬いものもあった。タイミングを合わせるのは大変だと思う!
ラッキーだった!

我が家の果樹の花が咲いた2017.3.30~4.10 [園芸]

今年もプラムの花が咲いた。   2017.3.30
昨年は豊作でプラムがたくさん採れた。
今年も咲いてミツバチたちが盛んに蜜を吸っていた、たぶん結実し完熟が期待できる!
IMG_4975.JPG

IMG_4976.JPG

IMG_4978.JPG<

庭梅も可憐な花をつけた、初夏に赤い実をつける。 2017.4.10
雑草に負けそうだ!いずれ草を取ってやらねばならない。
IMG_4980.JPG

IMG_4982.JPG


花りんも咲いた。例年よりたくさん花が咲いている。木も大きく成長しているからか?  4.10
きれいなピンクの花である!
昨年は残念ながら一つも熟さなかった。楽しみにしている。ジャム、花梨酒にできる

IMG_4987.JPG

IMG_4984.JPG

アンズも花が咲いている!ちらほらなので、果実が期待できる!  4.10
IMG_4990.JPG

IMG_4992.JPG

アマチュア映像発表会に参加    2017.03.26 [イベント]

日本を縦断する映像発表会に参加した  2017.03.26
東京、名古屋、福岡、大阪、広島の5カ所での発表会だ。

学生時代の同級生の柴山さん(三重県津市在住)から案内があり、東京、両国まで出かけた。

両国の江戸東京博物館ホール 春には珍しく寒い日だったが、
せっかくの案内だったので首都圏在住の同級生、4名ともども、
アマチュアビデオ作品を観賞した。

選ばれた作品だけに、自然豊かなもの、伴侶の一生、趣味の世界等々、久しぶりに癒された半日となった。

案内してくれた同級生、柴山さんも選ばれて上映された。
幻の貝紫染め」染色手芸教室の先生と生徒が貝紫染めを三重県鳥羽市答志島での教室を撮り、紹介したものだ。なお母校は三重県鳥羽市にある。
残念ながら本人は所用があり参加できなかった。

小生もビデオを多少撮影するが、そのストーリー、映像の編集、文字の挿入、ナレーション、バックミュージック等々完成させるに相当高度な知識技量必要と思われ、小生には手の届かない世界だと思った!
しかし、鑑賞だけはでき、感想を述べることだけはできる。

同級生とも再会し、両国なので、相撲にちなんで、チャンコ鍋を食べながらの懇親となった。

幸い、大相撲の千秋楽の優勝決定戦、稀勢の里の逆転優勝を相撲茶屋の大きなテレビで満喫できた!

プログラムの一部
IMG_0002.jpg

img022.jpg

江戸東京博物館
IMG_0268.JPG

IMG_0270.JPG

会場
IMG_0271.JPG

日本アマチュア映像作家連盟会長 挨拶
IMG_0272.JPG

上映された作家の紹介
IMG_0273.JPG

終了後の同級生との懇親会場::元大関霧島の料理店「霧島
IMG_0276.JPG



横浜、鴨居駅近辺も花盛り  2017.03.25 [園芸]

横浜、鴨居駅近辺も花盛り  2017.03.25
横浜ララポートへの道すがら、鶴見川にかかる鴨池橋からアンズの大木が10本、
桜並木、そして、河川敷には雪柳、花壇も作られている。

満開になったアンズの大木群、桜よりも10日ほど早く、
道行く人が桜と見間違え、住民でないとわからないほどだ。
IMG_0247.JPG

IMG_0251.JPG

IMG_0253.JPG

下流には桜並木が・・・
ちらほら咲きだした、あと数日で素晴らしい桜並木が見られるが・・・写真はちらほら咲いた桜をアップした。
IMG_0261.JPG

IMG_20170325_162204.JPG

河川敷の雪柳群
IMG_20170325_162259.JPG

IMG_0256.JPG

IMG_0255.JPG

橋のたもとに花壇の草花
IMG_0263.JPG

ラベンダーも咲いていた
IMG_0259.JPG

こんな環境のすぐそばに横浜の自宅がある。

庭も春爛漫だ  2017.3.20 [園芸]

我が家の庭も春爛漫だ!  2017.3.20

花桃が終盤になり、若い芽も出ているがまだまだ楽しんでいる!
IMG_4970.JPG

IMG_4974.JPG

アンズも咲きだした
IMG_4973.JPG

IMG_4972.JPG

水仙の一種・・・花弁の中が白色
IMG_3115.JPG

IMG_3117.JPG

地植えにしている、ヒヤシンス
IMG_3118.JPG

IMG_3119.JPG

菜の花
IMG_3120.JPG

サクランボと菜の花
IMG_3122.JPG


サクランボが満開だ [園芸]

今年もサクランボが咲いた!       2017.03.20
小さいけど、熟すると美味しが・・・野鳥が熟すると食べにくる、野鳥との競争になり、たいてい負けてしまい、人間の口に入らないのが例年だ、野鳥は美味しく熟する時期を知っている!

IMG_3111.JPG

IMG_3112.JPG

IMG_3113.JPG

IMG_3121.JPG

菜花畑の一部終了  2017.02.28~3.04 [農作業]

菜花畑の早生及び中生の品種が終了した。2017.02.28~03.04

早生品種「花かんざし」及び中生の「花飾り」は束ねるのに容易で、荷作りが簡単であったが、茎が細くなり、病気も発生して、終盤になって来ていた。仲売り業者からのクレームもあり、思い切って刈り取ることにした。

終盤の「花飾り」:10.5播種したもの
IMG_0221.JPG

刈り取った菜花畑:約5畝、150坪程ある
IMG_0226.JPG

ヤンマー製ディーゼル耕運機(5馬力)で耕す。
耕すのは機械がやってくれるが、方向転換等の取り回しが重労働だ!
ディーゼルは力が強く、この形式が小生にとって手頃である。
より大きなディーゼル耕運機(7馬力)も持っていたが、昨年友人に譲った。
IMG_0233.JPG

耕していると、カラス、ムクドリたちがやってきた。虫をついばむためか・・・見ずらいがムクドリだ
IMG_0240.JPG

耕運終了
IMG_0241.JPG

IMG_0243.JPG

一段落だ・・・この後、手がすき次第、小型耕運機でさらに耕して、ジャガイモ、カボチャ等を植えるつもりだ。

まだ裏手の畑に晩生の菜花「88号」が最盛期だ、30坪程ある。
11.02播種したもの、もっと遅くてもよいかも・・・
IMG_0232.JPG

ジャガイモを植えた 2回目  2017.03.02 [農作業]

ジャガイモを植えた。第2回目        2017.03.02

菜花の出荷が一段落となったため、以前から植えようと思っていて、既に耕している東側の畑に3種類ほど植えた。

東側の畑、約12坪ほど、60cmの畝幅に元肥として鶏糞をまいた。

IMG_0227.JPG

手前の南側から、2列:レッドムーン、大きな芋を半分に切ってあったもの
インカのめざめ:1列、約2KGの種芋、大きなものを2個に切った。
北あかり:3列、保管してあった食用の物。既に大きな目が出ていた。
メイクイーン:2列、約3Kgの種芋を購入、大きなものを2個に切って乾燥させた。

植え終わった畑
IMG_0228.JPG

メイクィーン:一部半分に切って乾燥させた。
IMG_0230.JPG


追記
1.19 田んぼに植えた、その後、
マルチしたものが、突起してきた。
IMG_0223.JPG

もやしのように細い芽が多数、芽を出していた。 マルチは大失敗、一応芽カキをした。
IMG_0222.JPG

マルチをしなかったもの:丈夫で太い芽が出ていた。やっぱり無霜地帯で、南房総・白浜は暖かい。
IMG_0224.JPG

JDSF公認指導員 更新研習会  2017.1.19 [社交ダンス]

平成29年 JDSF 公認千葉県指導員研修会に参加した。  2017.1.19

この研修会はJDSF公認指導員資格を維持するため年2回冬・夏、開催される研修会にどちらか1回の参加が義務ずけられている。

資格を取得して3回目の研修会だった。

会場:船橋アリーナ
研修:
1.机上講習:従来本(ISTDはJBDF等で採用、IDTA JDC等で採用)とWDSF教本の違い
        ~ワルツ・ルンバのフィギュア名、踊り方の違い~

WDSF教本の構成及び特徴
・一般原理を解剖学的に説明している。
・先行・続行を一覧表にしている。
・競技選手向けの専門的な記述が多い、スウェイ、アクション等。

 残念ながら従来本による踊り方も正確に踊れないのにWDSFの違いまで理解できなく、千葉県ダンススポーツ連盟 指導部の説明、実技も理解が難しかった。

2.実技講習:WDSF教本に見るダンススポーツ技術
        ~カップルポジションとポジションチェンジ~

 講師の元・前全日本チャンピオンの石原正幸・蘭羅夫妻による基本的なご指導はわかりやすく、直ぐに実行できるように易しく実技を交えて説明があった。
ワルツの基本的エキスサイズ(ボックスステップ)とウィスク・ウイングの連続的な動き、タンゴのステップからオープンプロムナードの連続動作、ついでにスローのバウンズステップの解説等々、非常に参考になった。最後に受講生の要望に応えてワルツのデモ、アンコールに応えてタンゴまで踊ってくれた。
 日本チャンピオンによるご指導と、デモまで見ることが出来、この研修会は有意義にだった。
また、実技の講習は若い女性がパートナーをしてくれ、一緒に練習できたので大満足になった。

会場全景:船橋アリーナ
IMG_0209.JPG

IMG_0210.JPG

研修会風景
IMG_0211.JPG

講師による実演
IMG_0212.JPG

IMG_0215.JPG

講師のデモストレーション
IMG_0219.JPG

研修会の最中はなかなか写真が撮れないが、雰囲気だけでもと記録した。

帰りは、会場から、武石インターまで、いつもの通り渋滞で、遠い自宅まで帰るのに時間がかかってしまった。ヤレヤレでした。お疲れ様!

前の10件 | -